はてはてまるぽん 〜accsess(16)〜

「どーしてるう??」

hatehate16.jpg





(^・w・^) 海外映画のDVDを日本語吹き替えで再度見てる。購入当時は吹き替えを見ないことが多かったけど、字幕に気を取られないで見れて、当時感じ取れなかった物語進行の中で表れる登場人物の心情の表現に気付けたり(個人的解釈ですけど…汗)新たな発見がある。うん。





この記事へのコメント

水堵
2020年05月07日 18:22
私も似たような感じです。
私はまず映画館で字幕版のを観てから、後日DVDなどで日本語吹き替え版を観ています(^o^)
字幕版だと役者さんの演技に集中できるんですが、物語を追うには吹き替え版の方がよいかなと思うので両方で何度も観てしまいます♪
ただ、家族と友人は「字幕だと疲れるので吹き替え一択だ」と言うので、字幕版を観るときはほぼ私ひとりで観ています(^_^;)
いなかしろくま
2020年05月10日 16:49
水堵さんへ。 コメントありがとうございます。

映画館での、あの身動き制限された緊張感(私…あはは)で観る感覚も、実は平和な空間だったんだなあ〜と、今の社会の状況からそう思えてきます。
大勢の人が集まる場所が恐怖感湧く景色に報道される状況は、早くおさまってほしいですね。