みなさんは何色を感じました?

やっ……っと♪ 米津玄師 5thシングル『LOSER/ナンバーナイン』を手に取るとこができました。パチパチパチっ。 店頭予約だったので仕事の都合で、今日まで取りに行けなかったのですた。

以前、ミュージックビデオからの歌詞の「書き出してみルーザー」という記事を書きましたがッ、歌詞の内容が分かりましたので、こちらは削除いたしました。
(A=w=;) いやはや、おはずかしいかぎりでした…。


「LOSER」についてはミュージックビデオで聴けていましたが、”ソラミミ”の箇所がハッキリして気持ちよく聴けました(笑)。
まったく分からなかった<四半世紀の~>の所も分かって、憶測(?)とも違ってきましたので、ちょっと解釈も交えて思った事を書きたいのですが、別の日に考えもまとめて綴ってみたいと思いまっす。

「ナンバーナイン」も、やっっっとフルで聴く事ができましたあ。歌詞カードを見ると2行の文章が連なって構成されているのが分かります。ちょっとエッセイ集のように見えますね。
歌詞の内容はもちろんとしても、表記もスッキリと奇麗で、ルーブル美術館特別展の公式イメージソングとしての細やかな気遣いを何となく感じました。

「amen」を聴いて、はじめに感じたことが、1stアルバム『diorama』が頭に浮かびました。曲調は3rdシングル『Flowerwall』収録曲の「ペトリコール」に近い印象もありますが、歌詞から受ける印象が、”米津さんの世界”の人のカタチをした不思議な住人が居るような感じがしたからです。
(=w=)」 そうそうッ! ”ROCKIN'ON JAPAN”で掲載されていた『かいじゅうずかん』が単行本化されるそうです! わおォォォ~♪


(~=Д=)~ 最後にどーーーでもいい感想。
今作のnewシングルを聴いて、「amen」から、何だか”黒い米津さんが出て来た?!”(笑・汗)と思ったので、例えるなら~「ナンバーナイン」は”白”。「LOSER」は”メタリック”(??)。
(;;・∀・)」 三色味わえる! 5thシングルですねっ♪




この記事へのコメント