「いなかしろくまくろしかない」

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史の淀み、信念の領域。

<<   作成日時 : 2016/07/20 01:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「PEACE MAKER」ピースメーカー17巻、完結の最終巻!! 買いましたあ〜、読みましたあ〜。

(ー∀ー) ああ…、 遂にこの時を迎えてしまったのですね。 連載を観ていないおいらは、最終巻と知ったときに、「1冊で最後までの展開をまとめきれてるのか!??」と、思っていましたがッ、内容の色濃さと展開の重圧さに身震いしました。

画像

全世界の歴史が変わるという時代の流れの淀みの中で、登場人物の各々が抱く、渇望と信念を命がけで体現し足掻く姿が、決闘場を隔てる外側が時代の変革を求めるほど、「何のために…」と本当に、そう思えてしまって悲しくなってくる…。
いろいろと綴りたいことあるけど、まだ何度もこの巻を読み返したいし、また1巻から読破したいので、17巻を読んだ感想は、また後で書く、…かも(汗)…。
(・∀・)」 最後まで読んだ結果!やっぱり!!「PEACE MAKER」は大好きな作品でっす♪ 再確認。あはは。


最後にちょこっとだけ…、
決闘を前にして語り合う二人。ホープの言葉に返すコールの「フフフ そうだな」「本当… お前を殺さないで よかった」(…本気で殺してしまおうかという事はありましたが…(笑))
(;_;)b 最後の決着の場で、ホープと向き合える喜びの顔を見せるコール。 このひとコマで、すっかりコールの事も好きになりました。

(;;^・w・^)ノ お、遅ぇーーよッ! ニャニャ…。
(;;=w=) えハッ…。やぱり、そ〜おもう〜〜??

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史の淀み、信念の領域。 「いなかしろくまくろしかない」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる