「ありがとう」と言いたかったです。

前回の記事のつづき。あらためて、

米津玄師、2016TOUR/音楽隊。追加公演二日目ツアーファイナルステージ!行って来ましたあー!
画像

(=▽=)」 うれしいですね。たのしかったですね。
感想みたいのちょっと書きます。


ホールに入るとスモークが立ちこめていて、ステージ前には薄い黒紗膜で隔たれていました。
ホールのライトが落ち、暗闇から米津さんの世界の住人たちの影がうごめき出し、徐々に隔たりを覆っていきます。
ウィルオウィスプの始まりと共に膜が開いて、みんな並んで大歓声♪
米津玄師さんの世界へ行進です。

演奏している姿からこぼれる表情に、楽しんでいるんだと安心と共に、印象的でした。
画像


中盤にメンバー紹介とMC。ツアーにて恒例となっていると告げる「中ちゃん(ギターの中島宏)への、面白い話しをしてっ。むちゃブリ」のコーナー(?)
画像

東京バナナの「みぃつけた」話し。楽しかったです。あはは。
中ちゃん。とてもいいキャラです。 メンバーも楽しそう♪

フローライトやパンダヒーローいっしょに合唱して、手を振って。飛び跳ねはちょっと恥ずかしさがまだ増していてできなかったけど、楽しかったです。


ほんとにあっという間に終演が近づき、アンコールのMCでアルバムのタイトル、ツアーのタイトルについて語り始めました。
私は「えッ!」って思いました。来る前に読んだインタビュー記事をかいつまんで書きますが、

***
初日さ、MCで話しを始めて途中で挫折するっていうことがあったんだけど、あれは何を言おうとしたの?
「あれは、なんで『Bremen』っていうアルバムを作ったかとか、なんでツアーのタイトルを『音楽隊』にしたのかを説明しようと思って喋り始めたんです。でも(中略…)、絶対に言わなくていいようなことを言いそうになったんですよね。ひどく個人的なこととか、表に出さなくていいようなことが出てきて。(中略…)。それはだからここでも喋れないようなことです。」
***

と、インタビューにそれを答えてはいませんでした。
うまくまとめられていませんが、曖昧な記憶で正しく伝えられないとも思いますが、このブログ記事を見付けた方に何か伝えられればと思い綴ってみます。


***
このツアーを「音楽隊」と名付けたこと、「Bremen」というアルバムを作ったことなんだけど、「ウィルオウィスプ」って曲を作ったときに、”ブレーメンの音楽隊”の物語のような曲を作りたいと思って…、この物語って結局目指したブレーメンには辿り着けないで終わってて、途中で泥棒たちが住む小屋をみつけてコイツらを退治して、みんなそこで幸せに暮らしました…って…、ブレーメンに着いてないよね?この結末って?…、
でも、これって、自分の中でよく意味を考えてみたら、実はこれがもっとも美しい生き方なんじゃないだろうかって思えてきて。
グリム童話のブレーメンの音楽隊の動物たちのように、シャングリラを求めた場所ではないけど、自分たちに丁度いい、自分のかたちにぴったりはまる場所を見付けて、「そして幸せに暮らしました」っていう、「あれっ?」と思えるような結末でも、そこへ辿り着こうとする行動こそが大事なことで、そこで何を見付けられるかっていうことなんじゃないかと思う。
生きるってことって辛い事ばかりだよね。この先未来は不安がいっぱいだけど、こうしてみんなが集まってくれて、楽しんでくれて、自分の音楽がみんなをどこへ連れて行けるかわからないけど、とても小さな変化でも何かあたえられるならばと想いをもって、「音楽隊」、「Bremen」って名付けました。
音楽は死ぬまで続けて生きます。
***

アンコール最後の曲は「こころにくだもの」でした。
僕らは米津さんの歌とともに心の中に潤いを入れてもらって会場を出ました。


会場を出て歩きながら、変化はきっと芽生えさせてもらっているなと感じました。人ごみが苦手で出不精な自分が、疲れたなあ~って笑って、また来たいなって思えるし、歌詞の世界を妄想した物語を綴っていること(汗)も、彼の音楽を聴くことも、日常の一部として欠かしたくないものとなっています。
彼(ハチも含め米津玄師さん)が、どんなカタチで、美しく歪な世界をも僕らに発信してくれるのか、どう受け止められるのかとても楽しみが続きます。



あのMCの終わりに「ありがとう」と言いたかったです。



(=∀=)」

この記事へのコメント